大田区選挙区 民主党公認 田中健

関連記事
関連記事
  • 都住宅公社やっと民間並み - 東京新報
  • 2010年10月26日(火)掲載。
  • 「出口戦略、議論すべき時期」 - 都政新報
  • 2010年6月15日(火)掲載。
  • 「都議会は委員会においても質問答弁が事前に決まっている」 - 東京新聞
  • 2009年11月28日(土)掲載。
    区議会では自由に議論をしていた私にとって信じられない話であった。しかし、先日の委員会質問で早速その現場に出くわすこととなった。 要旨対応でお願いしたいといった直後に、質問攻めの嵐。夜中まで携帯が鳴り響く。私の知識不足もあることながら、その熱心さには脱帽であった。しかし、疑間に思う。この熱心さは誰のためなのか? 本当に都民のためなのか? 今国では事業仕分けが進み「前年度踏襲」「慣例」というこれまで当たり前であつたものがゼロから見直しを図られている。 国が変革の中にある今、わが東京はどうだろうか? 都は国会と区議会の間で埋没しがちである。今こそ、東京都の事業を外部の目に、都民の目にさらし、都の取り組みを都民に理解してもらうことが必要でないか? 誰のためにやっているのか? 毎日が初めての中、新鮮なその目で、常に原点に立ち返ってこれからも邁進していきたい。
  • 田中健、若手議員の代表として朝日新聞に!
  • 「20代区議各地で躍進」『朝日新聞』 平成15年5月1日 朝刊 東京版 31頁
    選挙戦も終わった5月1日の朝日新聞東京版に田中健が堂々媒体デビュー!東京都最年少区議会議員誕生ということで、朝日新聞が田中健を若手議員の代表として取り上げてくれました。写真は地元東急池上線石川台駅にて。連日連夜駅頭をこなした石川台駅前での写真を何百万人の人に見て頂けるなんて・・・感激です。これからも積極的にここ石川台で皆さまにお訴えをさせて頂きますよ。
  • 田中健、母校青山学院大学でも注目!
  • 「田中健君 大田区議に最年少で当選!」 『青山学院大学経済学部同窓会会報』 2003.5.15 第7号 「ここ最近、青学も政界で頑張ってるね~。」最近こんな言葉を掛けられるようになりました。それはきっと横浜市長の中田宏さんの影響でしょうね。まだまだ少ない、青学出身の政治家ですが、これからも優秀な後輩がどんどん出てきて欲しいものです。そして、将来は青学出身の首相!私も中田さんを目標に頑張ってまいります!
  • 田中健、遂に台湾で媒体デビュー!
  • 『自由時報』中華民国九十二年九月七日 星期日 3頁 関連:「台湾独立派15万人デモ」『朝日新聞2003年9月7日 日曜日 国際面』田中健、遂に海外媒体デビューしてしまいました。今回は、台湾の独立派系の新聞『自由時報』への掲載です。2003年9月初旬、台湾独立派による大規模なデモがあると聞き、私も現地へ飛んで行きました。デモの規模は何と、15万人!やはり民衆は強く独立を求めているようです。そんな民衆から後押しされている若手の議員さん達との懇談会が催され、積極的に交流をはかって参りました。彼らは希望に満ち溢れ、強い意志を持って政治をおこなっていました。民衆からの強い希望と政治家の確固たる意思、そんな政治の理想像を目の当たりにし、私も自分の志を再確認したと同時に、もっと区民の皆さまからの強い要請を頂きたい、そう感じた次第です。
  • 田中健、久々の新聞取材 「愛国のかたち」 - 東京新聞
  • 「愛国のかたち」『東京新聞』 平成17年4月29日 朝刊 28頁(社会面) 久しぶりに、新聞の取材を受けました。テーマは、「愛国のかたち」-バブル経済以降に「大人」になった20代後半の僕たちの世代が日本-国に対してどのような思いを持っているいるのか?を探ろうということで、私を含め、5名の「若者」が日替わりで紙面に登場しています。この企画は、以前から東京新聞の記者の方から話があり、半年ほどの間、座談会やらを開いて記事になりました。ちなみに、4月28日に掲載されている楽天野球団の南君は、僕の友人で、一緒に座談会に出席したメンバーです。戦後の「愛国のかたち」は、戦争経験をどのように捉えるかが大きな柱でした。しかし、僕たちの世代は、全く戦争を〈知らない〉世代です。そんな世代がこれからの日本をどのように考えているかは重要な問題だと思います。 僕自身も、70年代生まれの一人として、そして政治家として、深く考え、そして同世代と「この国の行く末」について議論をしていかなくてはと改めて思いました。
  • 田中健、人材育成教育を語る - 日本教育新聞
  • 「地方議員 東西南北」『日本教育新聞』 平成18年1月23日 17頁  今回は、『日本教育新聞』という新聞社からの取材を受けました。現在は、主に教育関係の職業に就く方々を読者層とするいわゆる業界紙的な側面の強い新聞ですが、実はその歴史は古く占領下の昭和21年に創刊した歴史ある新聞なのです。 私も、2004年度は「子ども文教委員」に所属し、教育政策に携わっております。また、私が所属する東京青年会議所大田区委員会 でも「教育」が一つのテーマとなっており、その中での活動をしております。そして、今回の取材は2005年9月に東京JC大田区委員会が開催し、私がファシリテーターを務めた「大田産業人材プログラム」に関して主にお話しました。中小企業の街として知られる大田区では、中小企業の人材確保が産業維持のための必須の問題となっています。しかしながら実情としては、大田区の高校に通う生徒のそのほとんどは、地元企業の実態を知らず、イメージだけで捉えてしまっているのです。工場の現場ではどのような人がどのように働き、それが社会のどの部分と結びついているのか、そうしたことを体験する機会を設けるのも教育として大きな課題の一つです。
  • 田中健、伊藤ゆう、関口太一、松野豊 座談会 - 経済界
  • 「マニフェストが日本を変える:座談会」『経済界』 平成18年6月号 54頁~57頁  マニフェストが賑わっています。私が所属する「ローカル・マニフェスト推進地方議員連盟」が「マニフェスト大賞」を創設しました。これは、全国の地方議員を対象に優れた政策・活動実績を募集し、表彰します。近年、地方分権が謳われて久しいですが、実際は、まだまだ中央集権化は変わっていません。それは、財政的な面で地方が独立することが難しいなど色々な側面があるのですが、その中にはやはり地方政治が独自のアイディアに基づいた実行力のある魅力的な政策を打ち出していないというものが大きな背景にあります。「マニフェスト大賞」はそうした流れを作っていこうという試みの一つです。今後は地方政治が日本をリードする。本座談会では、メンバーと共に再度そうした想いを確認しました。
ぼくのブログです。 東京から政権交代 あなたの地域の民主党代表者地域別活動報告 あなたの声で「国民の生活が第一」を実現します 新しい生活をつくる5つの約束 生活の不安をなくす民主党の具体策