政策

いのちを守る

  • 南海トラフ大地震、津波、気候変動にともなう台風や水害、日々激甚化する自然災害に向けた減災対策をハード・ソフトの面から整備していきます。
  • 世界に冠たるけん康長寿立国宣言をし、予防重視の福祉政策の推進、生活可能な年金水準の検討、持続可能な医療・介護の整備、誰もが安心して長くけん康で過ごせる社会保証体制を構築します。
  • 幼児・児童虐待ゼロの実現のためこども庁創設を推進します。

未来を創る

  • 人口減は国家の危機。子育て応援金の創設、教育クーポンの充実と安心して子どもを産み育てられる社会を、そして社会全体で子供を育てていける環境を創ります。
  • 教育は国家百年の計。世界で低い水準にある日本の教育への公的負担を大幅に引き上げ、教育格差の是正、教育の機会均等を実現し、全ての子どもと若者に夢とチャンスを与える教育を目指します。
  • 東京一極集中の是非ではなく、世界と直接つながり、人・企業・カネ・情報を呼び込み、静岡県(地域)ならでは産業基盤を創るため、地方に権限を委譲し、地方分権を目指します。
  • 選択的夫婦別姓や同性婚を法で認めることの議論を進め、多様性を認め合う自由で寛容な社会を目指します。

くらしを守る

  • 国民皆が抱える将来への不安を取り除くために、養育費・社会保障費の若年層負担を軽減し、人生を楽しめる仕組みを目指して税制を再構築します。
  • 長時間労働を減らし、働く場所や時間を柔軟にし、男女問わず意欲と能力に応じて仕事をし、家庭と両立できる社会を創ります。そして、どんな働き方、どんな生き方を選んでも将来展望が描けるような多様性を尊重する社会に転換していきます。
  • 税の違いについては組み合わせを議論し、あるいは税を同じにして使い道について議論し、負担の分かち合いと社会の分断を生まない再配分を目指します。

地域を守る

  • 富士山世界遺産、富士山本宮浅間大社・白糸の滝・三保の松原をはじめとした多くの構成資産を世界に発信するため、世界に誇る日本人の自然観・文化観を守り発展させていきます。
  • 公共交通が減少し、地域住民の生活の足がなくならないように、AI、IOT、自動運転とあらゆる新技術を活用し、民間や地域との連携を深め、地域公共交通の充実を目指します。